広告はコミュニーケーション

伝わるとは?

「伝わる」ってどんなことでしょうか。

私は、「伝えたい事が 伝えたい方へ きちんと届いたか」とだと思っています。

 

私たちは、自分が興味がある事、必要な事にしか関心を示しません。

特に情報過多時代の中、「みんなにウケるように」ではなかなか想いは伝わりません。


 では、手にとってもらうには?

やはり「解りやすく見やすい事」が大切です。

広告業界で言う、「3秒ルール」です。

 

「あら、これ私のことかな?」

「あれ、もしかして私に言ってるのかしら?」

と一目で思ってもらうかが最大の「カギ」となります。

 

あとは貴方の想いを大切に資料作りを初めて下さいね。

 


ではなぜ、あなたのチラシは手にとってもらえないのか。

何を伝えたいのか分かりづらいチラシは、なかなか手にとってもらうことは難しいです。


知り合いから手渡しをされないかぎり、見向きもされないチラシも沢山見受けられます。

 

では、なぜあなたのチラシからは何も伝わらいのでしょうか?

大きな原因として、

  1. 自分の伝えたいことしか書いてない。
  2. ベネフィットを語っていない。
  3. ターゲット(伝えたいお客様)がずれている。
  4. マーケットのリサーチが的確ではなかった。
  5. 難しい専門用語を多用している。
  6. 説明できる証拠があやふや。
  7. オファーが何もない。

等があげられます。

いかがですか?

ぜひあなたが作ったチラシやHPをもう一度見直してみてくださいね。

改善出来るところが分かれば、きっと効果が上がるはずです(*^^*)


さあ!お客様を振り向かせましょう!

良いチラシは優秀な営業マン

しっかりと相手の事を思って作った「伝わるチラシ」なら、自分の知らない所でも、ドンドンお客さんを増やしてくれる、優秀な営業マンになってくれます。

 

あなたのサービス、商品を欲しいと思っている人は必ずいます。


その人へ向けてどう伝えるか、そしてどうやって振り向かせるか、まずはそれだけを考えましょう。

では具体的に何をどう準備したらいいのか?

戦略のための下準備 ❶

チラシ作りは準備が大切です。

つまりマーケティングをしっかり行いましょう。

 

AIDMAの法則という言葉があります。

まずはしっかり調査し下準備をしながら、伝えたい相手へ向けてアクションを起こしましょう。 

戦略のための下準備❷

チラシでもHPでも、作って終わり、、、

ではありません。

どんな大企業でも目標を掲げ、計画を立て、市場調査をし、どう改善すべきかを客観的に分析し、会議を繰り返しています。

私たち個人事業で長くお仕事を続けていくには、必ずPDCAサイクルを繰り替えし、ご自分のサービス、商品、事業をしっかりチェックし、強化していくことが大切だと考えます。

長く続けていくことが一番大切。

※テキスト準備中です