マーケティングとは

広告とは、マーケティング活動の一部に位置づけられています。

では、マーケティングとは何でしょう。

日本マーケティング協会によると、

「マーケティングとは、企業および他の組織(1)がグローバルな視野2)に立ち、顧客3)との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合的活動4)である。」と定義されています。


 

 なかなかピンと来ない方も多いと思いますが、

私は「価値提供のための色々な活動」また「売り続けるための仕組みを作ること」だと思っています。

 

大経営学者だったピーター・ドラッカーは著書『ドラッカーの遺言』の中で「マーケティングの究極の目的はセリングを不要にすることだ」という言葉を遺しています。

 

セリングとは「売り込み」の事です。

この「売り込み」なしにビジネスを成り立たせるには、「売り込まなくて売れる仕組み」を作ることが大切です。

 

また、どんなに素晴らしいサービス、事業、商品もお客様なしには成り立ちません。

「お客様はいつも正しい」を前提に、先入観を捨て、常に冷静に素直に、「なぜ?」を問いかけることが大切です。

 収入の源泉はとにかくお客様。お客様なしに成り立つビジネスはないと言えます。

 

その為には、マーケティングに大切な上記の7つの要素をしっかりリサーチする事が大切です。